Akira Higashi

隠れていた風景

2021.02.12

パソコンの中に隠れていたナイロビの眩しい空。

ポートフォリオには使わないけれど、好きなんだよな、という写真があります。

ナイロビのレースコース近くの家具のジュアカリが集まる場所で円錐のパラシュートを飛ばして遊ぶサイモン・アイエンガ氏とそれに興味津々なケニアのおじさんたち。

美術作家・西尾美也氏が主宰する”Nairobi Residence”の派遣作家として、2011年3月にケニアの首都ナイロビに滞在しました。アートセンターや美術館を拠点にするのではなく、各作家が自分の活動に相応しい場所をナイロビ市内に探し出すというなかなかにサバイバルなアーティスト・イン・レジデンス。

私はジュアカリと呼ばれる道端でものづくりをする職人に興味を持ち現地のサポーターの協力のもとリサーチを行いました。その中で家具のジュアカリの店が並ぶエリアを訪れました。道端と言ってもここではお店や工房もあり、道端が家具のショールームになっています。治安が非常に悪いナイロビでもここであれば安心ができる。ものづくりの材料や道具が揃っている。大通りに面しているのでバスで通いやすい。私はここが気に入り、ここで作品を作ることにしました。

何を作ったのかなどはまた別の機会に紹介しますが、上の写真は現地コーディネーターのサイモン氏が家具のジュアカリの場所で”円錐のパラシュート”を飛ばして遊んでいる様子です。円錐のパラシュートに関しては、このジュアカリスペースとは別のプロジェクトとしてナイロビで展開しましたが、そのお話もまた別の機会に。

手の冒険

2021.02.12

 

手がワクワクするというお話です。

ビリビリと紙を破る感触を楽しむ。ペタペタとのりを塗ってペタッと貼る。のりが手についたなあ。画用紙と折り紙の触り心地の違いを無意識に感じ取る。切り紙絵を作る工作では”手”というインターフェイスがフル回転しています。大人の方は絵を描いたり工作をすることに抵抗があるかもしれません。私は長年やっていないし、絵は苦手だし、などなど。何かしら恥ずかしいという思いが付きまとうようです。いわゆる”上手”にできないといけない、という思いがあるのでしょう。しかし、一度手を動かして作り出すと思いのほか制作が進むものです。手を動かすというよりは、手が動き出す、といったほうが良いでしょうか。子どもがドキドキしながら知らないことにチャレンジするのと同じです。

以前関わったワークショップの際、お孫さんに付き添って来られていた年輩のご夫婦に一緒に作ることを勧めたところ、最初は恥ずかしがって避けておられたのですが、思い切って制作を始められました。すると、お孫さんよりも没頭して時間制限も越えて楽しんでおられました。そしてとても嬉しそうに帰っていかれました。

工作は手を使った冒険のようなもので、手がワクワクするものなのです。このコラムコーナーでは、私が考案した工作などのプログラムも公開していきます。